カジノゲームは、テーブル上やマシンでお金を賭けて、スリルや浮き沈みを楽しむ娯楽として、一大産業になるまでに発展してきました。そんなカジノで最も人気のあるカードゲームの一つが、「ブラックジャック」です。

ブラックジャックとは、プレイヤーが幸運の数字である21を目指して、一儲けするチャンスを無限に追及するゲームですが、ともかく根強い人気があります。

ブラックジャックで遊んでみたいけれど、何から始めたらいいのか分からない…という方のために、ここではブラックジャックを上手くプレイするにはどう取り組んだらよいかのコツなどを簡単に説明します!是非チェックしてくださいね。

ブラックジャックの最終目標

まず、ブラックジャックでの一攫千金を狙ってテーブルに着くと、感情や思考が一気に高まって、間違った方向に行ってしまうプレイヤーが多くいます。その理由の一つは、ゲームの目標について、長年にわたって誤解が広まっているからです。

ブラックジャックをプレイする前に、まずはルールを理解しなければいけません。このゲームの最終目標は、端的に言って「ディーラーに勝つこと」なのです。 

これをより詳しく説明すると、ディーラーに勝つには多くの条件が必要であり、その一つに「ディーラーの手札よりも良い手札を引くこと」があります。

また、ディーラーが21以上の価値のある手札を引いた場合や、自分が21の価値のある手札を最初のカード2枚で引いた場合にも勝てる可能性があります。ただし、この後者のシナリオは、ディーラーは21の手札を引いていないことが前提です。この2つのシナリオ以外であれば、あなたの負けとなります。

ブラックジャックでは、ポーカーとは異なり、同じテーブルの他のプレイヤーの手札は、自分の勝ち負けには影響しません。常に自分とディーラーの戦いなのです。ここを間違えないようにしましょう。

手札の価値を見極める

ブラックジャックでは、52枚のトランプカードを使います。配られたカードから判断して、自分の置かれている立場を理解するようにしましょう。各カードの価値を正しく理解することで、次の手を賢く打てるようになります。

2から10までのカードは、すべて額面通りに数えますが、J、Q、Kなどの絵札は10として数えます。エースの価値は、初心者には少し分かりにくいかもしれませんが、慣れてしまえば、状況に応じて1か11かを判断できるようになるでしょう。 

テーブルレイアウト

ブラックジャックで使われる半円形のテーブルは、何人ものプレイヤーを収容できます。しかし、たいていの場合は、プレイヤーは12人以下です。プレイヤーはテーブルの前に座り、ディーラーはテーブルの反対側、チップラックの後ろに立ちます。

ブラックジャックの基本ルールが十分理解できたら、次に賭けるための「チップ」を買いましょう。賭け金は、カードが配られる前に置いておきます。プレイすることを選んだら、ディーラーの手札に対して勝利を目指します。なお、賞金額は、カジノによって異なります。